第一学院高等学院の学費|実際に支払う金額を詳しく解説

投稿日:2019年8月28日 更新日:

第一学院高等学校のパンフレット写真

第一学院高等学校の学費は平均的です。

まずは就学支援金適用前の初年度の学費を解説します。

情報は学校の資料からピックアップしていますが、詳細は資料請求してチェックしてみて下さい。

資料請求はこちら【無料】

Mobile HighSchool(通信コース)の学費

年1回4日間の集中スクーリングのコースです。

学費合計:334,820円(税込)

内訳=入学金1万円+施設設備費・保険料:10,300円+授業料:25万円+指導関連費:74,520円

通学コースの学費

いずれも初年度の学費で、入学金を含んでいます。次年度以降は入学金分は減ります。

週1コース

学費合計:434,820円(税込、入学金1万円含む)

内訳:施設設備費合計:25,800円+特別指導料:75,000円+指導関連費74,520円+授業料25万円+入学金1万円

週2コース

学費合計:535,820円(税込、入学金94,000円含む)

内訳:施設設備費合計:40,300円+特別指導料:117,000円+指導関連費128,520円+授業料25万円+入学金94,000円

週5コース

学費合計:661,020円(税込、入学金136,000円含む)

内訳:施設設備費合計:83,800円+特別指導料:219,000円+指導関連費158,220円+授業料25万円+入学金136,000円-奨学制度5万円

特別進学コース・総合コース・特化コースの学費

学費合計:745,620円(税込、入学金178,000円含む)

内訳:施設設備費合計:83,800円+特別指導料:282,000円+指導関連費179,820円+授業料25万円+入学金178,000円-奨学制度5万円

就学支援金で上記の金額よりも安くなります

ほとんどの世帯が就学支援金を受ける事ができるため、上記の費用よりも安くなります。年間25単位取得した場合の就学支援金は以下になります。

世帯年収 支援される金額
0~250万円 300,750円
250~350万円 240,600円
350~590万円 180,450円
590~900万円 120,300円

つまり、世帯年収250~350万円でMobile HighSchool(通信コース)を選択した場合、実際に支払う金額は334,820円-240,600円=94,220円/年間 となります。

就学支援金の詳細は取得する単位数で変わります。

まとめ

第一学院高等学校は様々なコースがあり、特化コース専門コースになると学費はどうしても上がりますが、全体的に平均的な学費です。

↓から第一学院高等学校含む複数の通信制高校の資料を無料で請求できますので、比較検討してみて下さい。

-お役立ち情報