トップページ

通信制高校を目指す方のための情報サイト

男女の高校生が会話している写真

当サイトでは、通信制高校の入学を考えている方に役立つ情報を紹介しています。

よく読まれている記事

授業を受ける女子高生の写真

スクーリングの少ない通信制高校はここ!公立、私立の年間日数を解説

スクーリング(登校での授業)で学校に行くのは嫌だなと感じられるかもしれませんが、スクーリングなしの通信制高校は無く、卒業のためには避けて通れません。 ...

続きを見る

卒業証書を持った女子生徒

1分でわかる通信制高校の卒業条件(卒業要件)3つ

通信制高校の卒業条件は次の3つです。 高校に3年以上在籍している事 74単位以上取得している事 特別活動に合計30単位時間以上出席している事 順に詳細 ...

続きを見る

通信制高校の特徴

不登校経験者が多い

文部科学省が主体となって実施した調査では、43%の通信制高校が不登校経験のある生徒の割合が5割を超えると回答しています。

生徒の2人に1人が不登校経験者だと、もはや少数派ではなく、多数派です。

参考:文部科学省 高等学校通信教育の質の確保・向上方策について P8(参照2019-08-30)

転入学(転校)、編入学の割合が非常に高い

通信制高校では、一旦全日制高校に入学してから通信制高校に転入(転校)した生徒+退学してから編入学した生徒の割合は約50%です。

中学校卒業後すぐに通信制高校に入学する人の割合は約50%で、全日制とは大違いです。

文部科学省が実施した調査では、平成 28 年度間に通信制高等学校に入学した者 68,781人のうち、転入学・編入学者及び転籍者(以下、「転編入学者等」という)は計 35,566人であり、51.7%に達している。

引用元:文部科学省 高等学校通信教育の質の確保・向上方策について P5

通信制高校の仕組み

月~金で通学する全日制高校との大きな違いは、通学日数が極端に少なく、単位制の点です。

通学日数は公立の通信制高校では週1ですが、私立では最小で年4日から通学日数を選択できます。(各校のコースによって違いがあります)

通信制高校の単位の取得方法と仕組み|1年間で取れる単位上限は35

通信制高校のほとんどは、学年制ではなく単位制を採用しています。特徴として毎日登校する必要が無く、登校日数を大きく減らせます。 公立だと基本週1ペースの ...

続きを見る

通信制高校への転入、編入の違いと高1、高2時に転入学の注意ポイント

通信制高校への入学を考えたことのある方は転入、編入という言葉を目にされると思います。 この記事ではそれぞれの意味・違いと、絶対に気をつけるべきポイント ...

続きを見る

通信制高校の公立、私立の違いとそれぞれ向いている人

通信制高校の公立と私立の主な違いは、 学費 スクーリング日数 学習サポート です。表にまとめてみました。 公立 私立 学費 年間2~5万円程度 年間1 ...

続きを見る


通信制高校の仕組み一覧

卒業後の進路について

公立と私立では、卒業後の進路には明確な違いがあります。

大学進学を目指す人におすすめの通信制高校5選

通信制高校から大学進学を目指す人は少なくありません。 高校によって大学進学へのサポート体制と、進学人数は大きく変わります。また、高校選択の時には公立の ...

続きを見る


進路に関する記事一覧

その他のカテゴリ

投稿日: