通信制高校の単位の取得方法と仕組み|1年間で取れる単位上限は35

投稿日:2017年11月29日 更新日:

通信制高校のほとんどは、学年制ではなく単位制を採用しています。特徴として毎日登校する必要が無く、登校日数を大きく減らせます。

公立だと基本週1ペースの通学、私立だと最短で年4日、または週1~5日から登校日数を選択できます。

学年制の卒業までの流れはイメージがつきやすいと思いますが、通信制での具体的な単位取得方法はイメージしにくいのでは思います。

この記事では、通信制高校の単位は具体的にどうすれば取得出来るのか?を解説します。

単位制とは

簡単に説明すると、英語Ⅰや数学Aなどの科目を勉強して合格すると、4単位や2単位等の決められた単位数を取得できます。それらの合計が74単位以上になれば卒業できる仕組みです。

それじゃ1年の時に40単位とって、2年は30単位、3年で4単位は可能なの?という疑問点も出てくると思います。

1年で取得できる単位の上限

年間で取得できる単位には、上限が高校毎に決められています。

学校によって誤差がありますが、35単位前後としているところがほとんどです。詳細は気になる高校に直接確認してみて下さい。こちらから各高校の資料を無料で請求できます。

卒業必要単位は74単位以上ですので、各学年どういった配分で取得するかは自由です。

次に、具体的に何をすれば単位が取れるのかを解説します。

単位取得までの流れ

単位修得までの流れとしては、それぞれの科目で決められた回数のレポート(添削指導)とスクーリング(対面での授業形式のもの、面接指導とも言われます)をこなし、年1~2回行われているテストで決められた点数以上取れればOKです。

レポートの提出回数や、スクーリングの日数、テストで何点以上取れればよいのか等は、科目や学校毎によって異なりますが、大まかな目安を紹介します。

高等学校学習指導要領によると、数学を1単位取るためには、レポートを3回(3通)提出し、50分のスクーリングに1回出席する必要があります。

仮に数学Aが4単位でしたら、単純にこの4倍です。年間でレポートを12回、50分のスクーリングに4回出席すればOKです。あとは試験が年に1~2回あります。

スクーリングの日数は、公立の通信制高校だと週1ペース、私立だと年間5日程度でOKのところもあります。これはTVやネットでのスクーリングが代用となり、最大60%まで免除出来るためです。

単位認定試験について

通信制高校のテストについては、それほど難易度は高くありません。

というのも、範囲がレポートで勉強した中からになりますので、かなり的を絞って勉強できます。

特に公立の通信制高校だと、様々な状況の方が来られていて学力にも差があります。テスト合格のハードルは低めです。

ただし、何の勉強もせずに望み、不合格だとその科目で今まで頑張ってきたレポートや、スクーリングが単位には加算されません。年に1回か2回(9月、2月ごろ)ですので、せめて今まで提出したレポートを振り返ってから試験に望んだ方が良いです。

単位認定される時期

単位認定試験合格後に認定されます。通常後期が終わる2月、3月ごろですが、分割認定を行っている高校の場合、前期試験終了後(9月)に2単位認定される所もあります。

単位制のデメリット

学年制と比較しての単位制のデメリットとして、自分のペースでレポート作成できる分、自主性が求められます。家でのレポート作成が苦手という人は、サポート校に通っている人もいます。

学年制と比較すると集団での活動が少ないため、友達は全日制の方が作りやすいです。
関連:通信制高校での友達の作り方3つ|こう話しかければOK!

まとめ

通信制高校で単位を取得するためには、規定の回数のレポートの提出とスクーリングをこなし、テストに合格すればOKです。

勉強する科目については、必ず取得する必要のある必修科目と、好きなものを選べる選択科目があります。出来るだけ興味を持てる科目を選ぶ事が、卒業への近道といえます。

通信制高校の資料を取り寄せて比較・検討してみませんか?

通信制高校総合サイトから、あなたが気になった学校を選択し、資料を取り寄せることが出来ます。

資料請求は2分ほどで無料で出来ます。様々なタイプの通信制高校がありますので、↓からご自身に合うものを比較検討してみて下さい。


通信制高校の学費比較ランキング1位~7位

全国各地にキャンパスのある広域通信制高校の学費をまとめてみました。公式サイトに表記の無いところは、資料からチェックしてます。 年4~8日通学のコースで ...

続きを見る

-通信制高校の仕組み