「通信制高校の仕組み」 一覧

通信制高校の単位の取得方法と仕組み|1年間で取れる単位上限は35

通信制高校のほとんどは、学年制ではなく単位制を採用しています。特徴として毎日登校する必要が無く、登校日数を大きく減らせます。 公立だと基本週1ペースの ...

続きを見る

男女の高校生が会話している写真

通信制高校のメリット7つ、デメリット3つ|全日制との違い

通信制高校は、全日制高校と比較して通学日数が極端に少ない、学費が安いというメリットがありますが、デメリットももちろんあります。 入学を考える上で、是非 ...

続きを見る

卒業証書を持った女子生徒

1分でわかる通信制高校の卒業条件(卒業要件)3つ

通信制高校の卒業条件は次の3つです。 高校に3年以上在籍している事 74単位以上取得している事 特別活動に合計30単位時間以上出席している事 順に詳細 ...

続きを見る

通信制高校の必修科目とは|トータル10科目を紹介

通信制高校の卒業には74単位以上の科目取得が必須です。 科目は、必ず取らないといけない必修科目と、自由に選べる選択科目に分かれます。 入学を考えている ...

続きを見る

授業を受ける女子高生の写真

スクーリングの少ない通信制高校はここ!公立、私立の年間日数を解説

スクーリング(登校での授業)で学校に行くのは嫌だなと感じられるかもしれませんが、スクーリングなしの通信制高校は無く、卒業のためには避けて通れません。 ...

続きを見る

通信制高校の特別活動とは

通信制高校の特別活動とは、大きく分けると ホームルーム活動 学校行事(体験学習) 生徒会活動 から構成されています。 特に不登校を経験されている方は、 ...

続きを見る

Eスポーツ部のイメージ写真

広域通信制高校の部活動について|気軽に楽しめる部活動が多い!

通信制高校では、体育会系、文化系両方の部活動が可能です。 部活を通して友人も作りやすいですし、何よりも卒業要件である特別活動に部活動は含まれます。やっ ...

続きを見る

ギターを弾く女性の写真

通信制高校の授業|体育の様子と音楽、美術を取らずにすむ理由

通信制高校を目指す方で、体育や芸術系の授業に苦手意識を持つ方は比較的多いです。 特に体育はサッカーや野球等のチームプレーだと、上手くやれないと恥をかく ...

続きを見る

電車で勉強する女学生

通信制高校のテストの赤点ラインと絶対に赤点を取らない勉強方法

特に中学校で不登校だった方は、通信制高校に入学しても学力面で不安感が強いと思います。 勉強についていけるだろうか? テストは難しいのではないだろうか? ...

続きを見る

no image

公立通信制高校で必要な費用と、さらに安くする方法

公立通信制高校の費用(授業料)は、結論からお伝えすると 年間で最大21,000円、3年間で最大51,800円 です。 授業料とは別に教科書・学習書代、 ...

続きを見る

no image

通信制高校のサポート校とは|2つのメリットデメリット、よくある質問

サポート校とは、通信制高校の生徒が高校を卒業するためのサポートを行うスクールです。高等学校ではなく、民間の教育機関のため「~学院」という名称が多いです ...

続きを見る

通信制高校の公立、私立の違いとそれぞれ向いている人

通信制高校の公立と私立の主な違いは、 学費 スクーリング日数 学習サポート です。表にまとめてみました。 公立 私立 学費 年間2~5万円程度 年間1 ...

続きを見る


学費補助制度一覧を見る